鍋のサイドメニュー!おもてなしにオススメの具体例はコレ!


「鍋で、おもてなしをするときに使える、
 サイドメニューについて、知りたい!」


なんて、思ってませんか??


鍋 サイドメニュー おもてなし


冬の寒い時期などに、友達や旦那さんの
仕事仲間なんかが家に遊びにきたとき、
おもてなし料理として活躍するのが鍋!

…なんですが、おもてなしをするのに
さすがに鍋「だけ」だと寂しい気が
してしまう
のも、また事実ですよね^^;


実際に、ママ友からも、


「鍋は、おもてなしに便利だけど、
 それだけだと大丈夫かな?って、
 不安になっちゃうのが、悩み!」



っていう話をよく聞きますし、
自分がおもてなしされる側でも、
出てきた料理が鍋だけだったら、


ありがたい気持ちが一番大きいのは
もちろんなんですが、

心の中で、ちょっと肩透かし
食らったような気分になるのが、
正直なトコロですからね。


ただ私のまわりには、みんなから
「おもてなしの達人」と呼ばれている
ママ友がいて、彼女に、


「鍋でおもてなしをするときの、
 サイドメニューってどうしてる?」



っていう質問をしたら、目からウロコの
答え
が、スラスラと返ってきて、
メチャメチャ参考になったんですよね。


そこでココでは、そんな「おもてなしの
達人」である彼女からのアドバイスを、
あなたにもシェアするカタチで、

鍋料理でゲストをおもてなしするときに
重宝する、サイドメニューについて、
具体例をあげながら、まとめました^^

スポンサードリンク


必見!サイドメニューを決める際のたった1つのポイント!



  • 鍋でおもてなしをするときのサイドメニューは、
    「前菜・鍋の最中につまめるモノ・デザート」
    この3つを用意すべし!


おもてなしのサイドメニューを
用意するときに押さえておきたい、
最大にして唯一のポイント、それは、


  1. 前菜 (鍋が出来上がるまでつまめるモノ)
  2. 鍋の最中につまめるモノ
  3. 鍋のあとのデザート



この3種類のサイドメニューを、
バッチリ用意すること。


この3種類のサイドメニューさえ、
きちんと用意することができれば、

いつもの鍋があっというまにフルコース
へと大変身し、一気におもてなしとして
ふさわしい料理になりますからね。


となれば、あとはこれら3種類の
サイドメニューを、それぞれ
何にするか決めればカンペキ!

ということで続いては、これら
3種類のサイドメニューの具体例
について、見ていきましょう^^

スポンサードリンク


おもてなし開始!前菜におすすめのサイドメニュー!


野菜スティック


鍋のおもてなしにオススメの前菜(サイドメニュー)例
お刺身まぐろの山かけサーモンのカルパッチョ
野菜スティックシーザーサラダ山芋の短冊切り
タコときゅうりの酢の物エビとトマトのマリネローストビーフ
卯の花(おから)生春巻き


まず、鍋が出来上がるまでにゲストに
つまんでもらう、前菜のサイドメニュー
の具体例が、上のとおり。

鍋と一緒にお酒も飲むなら、お刺身や
まぐろの山かけあたりがテッパン。


刺身はマグロやハマチ、サーモンなどの
定番に加え、例えば寒ブリなどの、
旬の魚が手に入るようであれば、

ソレも用意してあげると、
おもてなし感がさらにアップします。


また、お酒を飲まない場合は、
カルパッチョや野菜スティック、
マリネあたりを出してあげると、

鍋の前に、イイ感じに口の中や
気分がサッパリするので、
ゲストに喜んでもらいやすいです。


(といいつつ、これらのメニューも
 お酒との相性ピッタリですけどね。笑)


さらに、ちょっと気合いを入れて
おもてなしをしたい場合は、前菜に
ローストビーフを持ってくると、

相手に与えるインパクトとしても
バツグンで、ゲストにとって印象に
残る食事になること、間違いなしです^^

スポンサードリンク


鍋の最中につまめる!イチオシのサイドメニュー!


鶏のから揚げ


鍋の最中にイチオシのサイドメニュー例
鶏のから揚げ軟骨のから揚げ明太ポテトサラダ
豚キムチ炒めチーズオムレツレンコンのきんぴら
金平ごぼうひじきの煮つけ白菜の浅漬け
きのこのソテー


続いて、鍋の最中・途中に箸休め
ようなカタチで大活躍してくれる、
サイドメニューの具体例は、上のとおり。

おもてなしをする相手が若ければ、
鶏のから揚げが、お酒を飲むのなら
なんこつの唐揚げが、ともにテッパン!


逆に、あっさりとしたオトナの
味付け
を好みそうなゲストを
おもてなしする場合は、

ベタではありますが、ひじきの煮つけや
レンコンorごぼうのきんぴらあたりが、
喜んでもらいやすいメニューです。


ちなみに、ココでのポイントは、
鍋がこってり系だったらアッサリ系、
逆にアッサリ系だったらこってり系と、

サイドメニューに関しては、
鍋と逆の味わいが楽しめるモノを
セレクトし、ゲストに提供すること。


例えば、鍋で水炊きをふるまうなら、
サイドメニューは豚キムチ炒めなどの
味が濃い目のモノを。

キムチ鍋でおもてなしするなら、
ポテトサラダなどサッパリと食べられる
モノと組み合わせるのがNice!です。


また、いざ鍋が始まるとついつい
サイドメニューそっちのけで、
鍋ばかり食べてしまう人も多いので、

サイドメニューはあらかじめ
1人分ずつ、お皿に小分けして
サーブするのもオススメですよ^^

スポンサードリンク


終わり良ければすべて良し!デザートの王道3選!


レモンゼリー(フルーツゼリー)


鍋のおもてなしにGood!なデザート例
フルーツゼリーシャーベットわらび餅


そして、おもてなし全体のイメージが
ココで決まることも多い、鍋に合う
イチオシのデザート例が、上のとおり。


アツアツの鍋を食べたあとは、自然と
ひんやりとしたモノを口に入れたくなる
のが、人の常(つね)。

ですので、フルーツゼリー
シャーベットあたりを用意しておけば、
まず間違いがありません。


中でも、ちょっと高級な果物を使った、
銀座千疋屋のフルーツゼリーは、

会社の先輩など、目上の人をおもてなし
する際にドンピシャでハマる、ある意味
究極のおもてなしサイドメニュー!


下のフルーツゼリーは、常温
およそ9カ月間の保存が可能なので、

数に余裕をもって用意しておくと、
今後、突然の来客があったときにも
使えて、ものスゴく重宝しますよ。


万が一、賞味期限が迫ってきたら、
旦那さんには内緒で(?)、

一人で、あるいはお子さんと一緒に、
プチ贅沢なおやつとして、食べちゃう
ことだってできますしね。笑↓



⇒コレでおもてなしはカンペキ!
 銀座千疋屋の特選フルーツゼリー


まとめ&オマケ!さらにおもてなし度がアップする一品!


今回は、鍋で来客(ゲスト)をおもてなし
するときの、サイドメニューについて、

サイドメニューを実際に決めるときの
ポイントと、前菜・鍋の途中・デザート
それぞれの具体例をご紹介してきました。


最後にもう一度、今回の内容を
ギュッ!と凝縮してまとめると、
こういったカタチになりますね^^


  • 鍋でおもてなしをするときは、
    「前菜・鍋の最中につまめるモノ・デザート」
    この3種類のサイドメニューを用意すべし!

  • 前菜のテッパンは、お刺身やサラダなど
    鍋ができるまでに手軽につまめるモノ!

  • 鍋の最中につまむサイドメニューは、
    鍋の味わいとは逆のモノをセレクト!

  • 鍋に合うデザートの王道は、おもてなし感
    120%のちょっと高級なフルーツゼリーで!


それからオマケとして、
鍋のシメに雑炊やリゾットをする
場合には、使いにくいですが、

それ以外のケースなら、
プラスもう一品として、おにぎり
炊き込みご飯を用意しておくと、

相手(ゲスト)にとって、ちょっとした
サプライズ
にもなって、おもてなし度が
さらにアップするのでイチオシです^^

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ