モンブランの万年筆!ペン先の種類(太さ)は?おすすめは?


「モンブランの、万年筆が欲しいんだけど、
 ペン先の種類は、どれがいいのかな?」


なんて、悩んでませんか??



モンブランの、万年筆を買うときに迷うのが、
149や146などの種類をどれにするかと、
ペン先の太さをどうするかの2つですよね!

モンブランの万年筆!149と
 146の違いは?おすすめは?



で、今回ご紹介するのは、
ペン先の太さ(種類)について。


あなたが、モンブランの
万年筆を買う際の参考になるよう


  1. EF (極細/EXTRA FINE/エクストラファイン)
  2. F (細字/FINE/ファイン)
  3. M (中字/MEDIUM/ミディアム)
  4. B (太字/BROAD/ブロード)
  5. BB (極太/BROAD BROAD/ブロードブロード)
  6. OM (傾斜中字/OBLIQUE MEDIUM/オブリークミディアム)
  7. OB (傾斜太字/OBLIQUE BROAD/オブリークブロード)
  8. OBB (傾斜極太/OBLIQUE BROAD BROAD/
    オブリークブロードブロード)


これら8種類のペン先、それぞれの特徴と!

それぞれのペン先は、いったい
どんな人にオススメなのかについて、
わかりやすくご紹介していきますよ^^

スポンサードリンク


モンブランの万年筆!8種類のペン先それぞれの特徴!


1. EF(極細)の特徴



  • 複雑な漢字も書けるくらい、細い字が書けるのがうれしい!
  • 書き味が少しカリカリするのが、難点といえば難点…


8種類用意されている、モンブランの
万年筆のペン先の中でも、もっとも
細い字が書けるのが、このEF(極細)!

万年筆の、どの部分を持っても
書きやすいですし、アルファベット(英語)は
もちろん、日本語も問題なく書くことができます^^


ただし、これは特に149や146といった、
軸径の太い万年筆で、書いた場合の
話(はなし)なのですが…

せっかくの、書き味の滑らかさが、
(若干ですが)失われてしまうという、
残念な特徴も持っています。

まあ要するに、書いているときに
少し、カリカリしてしまうって
ことですね!

スポンサードリンク


EF(極細)はこんな人におすすめ!


  • とにかく細い文字を書くことにこだわりたい人にオススメ!


ですので、このEF(極細)のペン先が
おすすめなのは、とにかく細い文字
書くことに、こだわりたいという方。

ただ、そういった方は、
もしかしたら、今回の記事など読まず…

一切迷わずに、EF(極細)のペン先の
万年筆を、すでにゲットしているかも
しれませんがね^^;


2. F(細字)の特徴



  • モンブランの中でも、もっとも一般的なペン先の種類!


モンブラン万年筆の、数あるペン先の中でも、
もっとも一般的だと言われているのが、
こちらのF(細字)


実際に、このF(細字)も、EF(極細)同様に、
万年筆の、どの部分を持っても書きやすく…

日本語・英語(アルファベット)問わず、
スムーズに、ペンを持つ手を
進めることができます^^

スポンサードリンク


F(細字)はこんな人におすすめ!


  • 万年筆ビギナーの人なら、
    とりあえずこのF(細字)を買っておけばOK!


ということで、


「ペン先が沢山ありすぎて、
 どれを選べばよいのか、さっぱり分からない!」



という方や、万年筆ビギナーの方は、
まず、こちらのF(細字)のペン先の
万年筆を、買うことをおすすめします。


実際に、多くの店で一番人気のペン先の
種類が、こちらのF(細字)ですからね♪


3. M(中字)の特徴



  • 国産メーカーの万年筆と比べて、
    書いた文字が少し太めになるのが特徴!
  • とはいえ、英語・日本語ともに
    問題なくスラスラ書ける!


モンブランの万年筆のペン先は、
パイロットなどの、国産メーカーと比べて
やや太めなのが、全体的な特徴の一つ。

なので、こちらのM(中字)のペン先も、
それにたがわず、書いた文字が
気持ち太めになるのが、ポイントです。


とはいえ、このM(中字)までなら、
原稿用紙のマス目に、ちょっと複雑な
漢字を書いても、しっかり収まるので問題なし。

また、EF(極細)やF(細字)と同じように、
オールマイティに使えるのも、M(中字)の
ペン先の、うれしいポイントですね^^

スポンサードリンク


M(中字)はこんな人におすすめ!


  • 個人的に一番オススメできるペン先の種類がコレ!


ということで、実は個人的に
一番おすすめなペン先の種類が、
こちらの、M(中字)だったりします。


というのも、M(中字)は、


  • 149や146の持つ重厚感に負けない、ペン先の太さ

  • 英語・日本語ともに、問題なく書けるオールマイティさ


この両方を兼ね備えた、唯一のペン先
言っても、過言ではありませんからね^^

一般的に、ペン先が太くなればなるほど、
書き味の滑らかさも、アップするので、
その意味でも、このM(中字)はおすすめです。


で、モンブランの万年筆の
モデル×ペン先の組み合わせで、
個人的に最強だと考えている、


「149×M(中字)」


のマイスターシュテックを、
お得にゲットできるお店があるので、
こちらに、ご紹介しておきますね^^↓



⇒専門店だから安心!しかも安い!
 マイスターシュテック149


4. B(太字)の特徴



  • 書いた文字はかなり太めになる。複雑な漢字を
    原稿用紙のマス目に収めるのは難しいかも…
  • 見た目を重視するなら、軸径とのバランスは◎!


このB(太字)まで、ペン先が太くなってくると、
さすがに書いた文字も、なかなかの太さ
なってきます。

原稿用紙のマスの中に、複雑な漢字を
書こうとすると、正直、文字が
つぶれてしまうこともありますね^^;


ただし、モンブランの149や146は、
あなたも、ご存知のとおり、
軸径がかなり太いので…


「ペン先も、それに合わせて太くないと、
 なんだか、しっくりこない!」



という、こだわりを持つ方も
いらっしゃいます。


そういった方の中には、あえて
この、B(太字)のペン先をチョイスする方も
いるようですよ^^


B(太字)はこんな人におすすめ!


  • 日本語よりもアルファベット(英語)を
    メインに書く人にはこのB(太字)がオススメ!


とはいえ、実用性も含めて考えると、
個人的におすすめできるのは、
先ほどの、M(中字)まで。


ただし、漢字を含む細かい日本語ではなく、
アルファベット(英語)を、メインで書く方なら…

このB(太字)くらいの方が、しっかりと、
かつ、なめらかに、ペン先を滑らせながら
書くことができるので、おすすめですね^^


5. BB(極太)の特徴



  • とにかく書いた文字がかなり太くなるのが特徴!


モンブランの万年筆のペン先の中でも、
最も太い部類に入るのが、このBB(極太)。


書いた文字は、かなり太くなるので、
通常の筆記目的で、万年筆を買おうと
考えている場合は…

このBB(極太)は、真っ先に候補から
外してもらって、何の問題もありませんね。


BB(極太)はこんな人におすすめ!


  • 楽譜の浄書などをメインに行なう人にオススメ!


じゃあ、いったいどんな人が
このBB(極太)のペン先を選ぶのかというと、
楽譜の浄書などを行なう人。

こういった、特殊な(?)用途以外には、
BB(極太)のペン先の万年筆は、使わない
思っておいたほうがよいでしょう。


6,7,8. O(傾斜)の特徴



  • ペン先が斜めにカットされているのが特徴!


モンブラン万年筆のペン先の特徴、
最後は、


  • OM(傾斜中字/OBLIQUE MEDIUM/オブリークミディアム)
  • OB(傾斜太字/OBLIQUE BROAD/オブリークブロード)
  • OBB(傾斜極太/OBLIQUE BROAD BROAD/
    オブリークブロードブロード)


これら3つを、まとめてご紹介します。


というのも、
これら3つのペン先は、それぞれ


  • M(中字/MEDIUM/ミディアム)
  • B(太字/BROAD/ブロード)
  • BB(極太/BROAD BROAD/ブロードブロード)


この、3種類のペン先の先っぽ
(日本語的におかしいかな?)を、
斜めにカットしたものだから。

要するに、ペンを寝かせて文字を書く
クセのある人のために作られた、
特殊なペン先だということですね。


O(傾斜)はこんな人におすすめ!


  • 自分の筆記のクセがよくわかっているなら、
    一度文房具屋さんに相談してみるのもアリ!


かなり特殊な形状ということもあり、
個人的には、この種のペン先を
すすんでオススメすることはありません。


すでに、万年筆を長年使い続けてきて、
ご自身の筆記のクセが、顕著に現れている
感じている方は…

一度、信頼できる文房具屋さんに足を運び、
このO(傾斜)タイプのペン先を、試してみるのも
よいかもしれませんね^^


まとめ&モンブラン以外の万年筆ブランドは?


今回は、モンブランの万年筆の
8種類のペン先それぞれの特徴と…

それぞれのペン先の種類(太さ)が
どんな人にオススメなのかについて
ご紹介してきました。


最後にもう一度、それぞれのペン先が
どんな人にオススメなのかまとめておくと
こういったカタチになりますね^^


  1. EF(極細):細い文字を書くことにこだわりたい人に!
  2. F(細字):万年筆ビギナーの最初の1本に!
  3. M(中字):個人的に一番のオススメ!
  4. B(太字):アルファベットをメインに書く人に!
  5. BB(極太):楽譜の浄書などに使う人に!
  6. O(傾斜):筆記のクセを高いレベルで理解している方に!


モンブラン以外のブランドの万年筆も
購入の候補に入れているなんて方には、
以下の記事がイチオシです♪

万年筆のブランドランキング!
 男性へのプレゼントにはコレ!

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ