プラチナ万年筆#3776センチュリーの評価は?ペン先は?


「プラチナ万年筆#3776センチュリー
 の評価って、どんな感じなのかな?」


なんて疑問を、抱いてませんか??

@yuyu.203が投稿した写真



安心の国内メーカーとして、長年にわたって
老若男女の人たちに、愛され続けている、
プラチナ万年筆。


今回は、そんなプラチナ万年筆の
フラッグシップモデルである、
「#3776センチュリー」の、


  • これはイイ!と、おすすめできるポイント
  • 買う前に、頭に入れておいたほうが良いこと
  • おすすめのペン先の太さ


この3点について、まとめました^^

スポンサードリンク


これはイイ!と、おすすめできるポイントは?



  • 書き出しで文字がかすれることが、
    ほとんどない!


プラチナ万年筆・#3776センチュリーの、
一番のおすすめポイントは、書き出しで
文字がかすれることが、ほとんどないこと。


どんな高級万年筆でも、キャップをあけて
一番最初の文字を書くときには、どうしても
インクが少しかすれてしまうのが、常なのですが…

プラチナ万年筆は、たとえ1年以上(!)万年筆を
使わずに放置していても、ペン先が乾燥せず、
スムーズに、筆記を始めることができます^^

スポンサードリンク



ちなみに、このプラチナ万年筆の
画期的な新技術は「スリップシール機構」
と呼ばれるものなのですが…

そういった技術的な話は、後ほどご紹介する
ネットショップのページで確認してもらった方が
早いので、こちらでは割愛させて頂きますね^^


で、この、


  • 書き出しで文字がかすれることは、ほぼない

  • しばらく使わなくても、ペン先が乾燥しない


というポイントは、普段から別の万年筆を
すでに使っていて、ペン先のメンテナンス
悩んでいる方にうれしいのは、勿論のこと…

初めて万年筆を買う方や、ギフトとして
万年筆を贈ろうと考えている方にとっても
ドンピシャでおすすめできるトコロですよね^^

スポンサードリンク


買う前に、頭に入れておいたほうが良いことは?



  1. 書いた文字幅が細めになる
  2. 書き心地が、想像以上に滑らか!


注意点1. 書いた文字幅が細めになる


プラチナ万年筆は、日本のメーカー(ブランド)
のため、モンブランなどの海外ブランドの
万年筆と比較すると、文字幅が細くなります。

これは、漢字という細かな文字を書くことを
想定しているが故の、国内メーカーの万年筆
すべてに当てはまる特徴ですね。


ですので、普段から海外製の万年筆を使って
筆記している方は、そのペン先よりも
一回り大きいものを選ぶと良いでしょう。

このあたりは、次章の「ペン先」についての
部分でも、もう少しくわしくお話しします^^

スポンサードリンク


注意点2. 書き心地が、想像以上に滑らか!


基本的に、このブログでご紹介している
万年筆は、すべて品質が高いため、
書き味はどれも滑らかなのですが…

このプラチナ万年筆のセンチュリーは、
特に、ペン先がスラスラと進みます。


で、筆記時の感覚は滑らかであれば
あるほどよい、という方ならコレで特に
問題ないと思うのですが、人によっては、


「万年筆の良さは、筆記時のちょっとした
 カリカリ感にある!」



なんて方も、少なからずいると思うんですね。


そういった方が、このプラチナ万年筆を
手に取ると、筆記感覚が「カリカリ」と
いうよりは、むしろ「ヌルヌル」といった感じで、


「ん?万年筆というよりも、
 何だか、ボールペンで文字を書いているようだ」



なんて感覚にとらわれる方も、
いらっしゃるようです。


なので、


「万年筆の書き味には、
 少し、カリカリ感を残しておくべきだ!」



というこだわりのある方には、
正直、こちらのプラチナ万年筆の
センチュリーは、おすすめしません^^;


(もちろん全くカリカリしないわけではなく、
 ペン先が超極細~細軟の場合は特に、
 ちょっとしたカリカリ感が残っています)


センチュリーを買う場合の、おすすめのペン先の太さは?



  1. 超極細
  2. 極細
  3. 細字
  4. 細軟
  5. 中字
  6. 太字
  7. 極太


で、そんなプラチナ万年筆・センチュリーの
ペン先の太さは、全部で上の7種類。


で、先ほども述べたとおり、
プラチナ万年筆は、海外の万年筆と比べると
ペン先が、全般的に細めなので…

すでに、海外製の万年筆を
使用している方は、それよりも一回り太め
ペン先を選ぶと、しっくりくるでしょう。


で、初めて万年筆を買おうと考えている方や
ギフトとして、検討している方におすすめの
ペン先は、「細字」か「中字」。

使う場面が、手帳へのメモ書きなど、
細かいスペースへの筆記が主な場合は、
「細字」を。

そうでなく、通常のノートやハガキなどに
筆記することが多い場合は、「中字」
選択すれば、まず問題ありません。


下に、通常よりもお得にプラチナ万年筆・
#3776センチュリーを購入することができ…

先に述べた「スリップシール機構」
についての分かりやすい説明ものっている、
おすすめのお店をご紹介しておきますね^^↓




⇒滑らかな書き心地!プラチナ万年筆
 #3776センチュリーシャルトルブルー



まとめ&他のブランドの万年筆はどんな感じ?


今回は、国内の老舗万年筆メーカーである、
プラチナ万年筆のフラッグシップモデル・
#3776センチュリーの評価と題して、


  • これはイイ!と、おすすめできるポイント
  • 買う前に、頭に入れておいたほうが良いこと
  • おすすめのペン先の太さ


以上3点について、まとめてきました。



  • 「万年筆に必要なのは、その風格よりも、
     すぐに文字をサラサラ書ける、実用性!」

  • 「海外製よりも、国内メーカーの
     万年筆のほうが、安心感がある!」


という方には、このプラチナ万年筆の
#3776センチュリーが、ドンピシャ
おすすめですよ^^


他のブランドの万年筆も気になるという
あなたには、以下の記事がイチオシです♪

万年筆のブランドランキング!
 男性へのプレゼントにはコレ!

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ