モンブランの万年筆!149と146の違いは?おすすめは?


「モンブランの万年筆の、149と146の
 違いって、どんなものがあるの?」


なんて疑問を、抱えてませんか??

@bunamerが投稿した写真



今回は、万年筆の代名詞ともいえる、
モンブランの定番シリーズ・
マイスターシュテックの、


  • 149
  • 146(ル・グラン)
  • 145(クラシック/ショパン)
  • 114(モーツァルト)


4モデルそれぞれの特徴について、
サラッと触れたあと、この記事を
読む方が一番気にしているはずの…


「モンブラン149と146の違い」


について、全部で7つのポイント
注目しながらまとめました^^

スポンサードリンク


まずはモンブラン万年筆のスペックを一覧で比較!


種類長さ軸径重さ
149約149mm約16mm約33g
146
(ル・グラン)
約146mm約13mm約26g
145
(クラシック/
 ショパン)
約140mm約12mm約21g
114
(モーツァルト)
約112mm約11mm約15g


マイスターシュテック4モデルの、
それぞれのスペックは、こんな感じ。


ただし数字にすると、たった数ミリ・
数センチの差
でも、実際に万年筆を
持ってみると…

その感覚には、ビックリするほどの違い
あったりするので、注意が必要です。


そこでお次は、マイスターシュテック
4種類の、それぞれの特徴について、
サクサクッと見ていきますよ^^

スポンサードリンク


マイスターシュテック4モデルそれぞれの特徴!


1. 149の特徴



  • とにかく「太い!長い!思い!」のが特徴!


モンブラン149の特徴を、一言で表すなら、
とにかく「太い!長い!重い!」

まるで、どこかのファーストフード店の
宣伝文句のようですが、これがモンブラン
149のウソ偽りない、ド正直な特徴です。


より詳しい特徴や、146との具体的な違いに
ついては、のちほどお話しますね^^


2. 146(ル・グラン)の特徴



  • 重厚感と実用性のバランスが◎!


モンブラン146(ル・グラン)は、
149とともに、マイスターシュテックの
中でも、特に定番とされるモデル!


のちほどくわしく述べますが、
大きさ・太さなど、万年筆の持つ
独特の重厚感を重視したい方には149が。

もう少し実用性に主眼をおいた、
全体的なバランスを重視したい方には、
146がオススメです。

スポンサードリンク


3. 145(クラシック/ショパン)の特徴



  • インク供給方法がコンバーターor
    カートリッジタイプ!


149・146と比べて、コンパクトになり、
価格的にも(ほんの少しですが)お手頃に
なったのが、145(クラシック/ショパン)。

ただし、149・146のインク供給方法が
吸入式だったのに対し、こちらの
145はコンバーターorカートリッジタイプ


この点が、149・146と比べてイマイチ
人気が出ない理由だと思いますが…

それでも、手が小さい女性や、
軸の細い万年筆を好む男性には、
こちらの145もオススメです^^


4. 114(モーツァルト)の特徴



  • ひときわ目を引くくらいにコンパクト!


マイスターシュテックの中でも、
ひときわ目を引くくらいにコンパクト
なのが、114(モーツァルト)。

そのため手帳やメモ書きなど、常に
モンブランの万年筆を持ち歩きたいと
考えている方に、114はおすすめです。


ただし、モンブランの万年筆は
全体的に見て、良くも悪くも
インクフローが非常に潤沢なので…

安く薄っぺらい手帳(メモ用紙)だと、
インクが紙の裏まで染みこんだり、
裏うつりしてしまう危険もあります。

この点は、あとで「しまった!」
後悔しないよう、注意が必要ですね^^;


ということで、お待たせしました!

お次は、いよいよモンブラン万年筆・
マイスターシュテックの149と146の
違い
について、くわしく見ていきます♪

スポンサードリンク


7つのポイントを徹底比較!149と146の違いはコレ!


1. 149と146の書き味の違い



  • 149:カツカツと音を立てて書きたい方にオススメ!
  • 146:ペン先を滑らせるように書きたい方にオススメ!


モンブランの万年筆は全体的にペン先が
硬めにできていますが、149と146で
より硬さを感じるのは149のほう。


ですので、ペン先を紙に叩きつけた
ときのカツカツとした音を楽しみながら
文字を書きたい方には149が。

逆に、ペン先をスケートのように
スラスラと滑らせて書くのが
好きな方には、146がおすすめです。


2. 149と146で文字を書くときの違い



  • 149:キャップを外したほうが書きやすい!
  • 146:キャップをつけたままのほうが書きやすい!


また、書き味とは別に文字を書く際、
149は重さのバランス的にキャップを
外して筆記したほうがしっくりきますが…

146は、キャップをつけたままのほうが
よりバランスよく文字を書ける印象です。


ですので、書いているときの万年筆の
シルエットにもこだわりがある方は、
この違いも頭に入れておくと良いでしょう。


3. 149と146で実用性の違い



  • 149:実用性に関しては少しビミョー!?
  • 146:実用性に関しては149を上回る!?


149と146、どちらも長く使っていれば
そのうち慣れるのは当然ですが…

「実用性」という観点から見て、
より優れているのは146のほう。


これはシンプルに万年筆の
大きさの違いによりますね^^

ですので、


「普段使っている、ボールペンなどの筆記具と
 できるだけ近い感覚で、万年筆を扱いたい」



と考えている方には、
146のほうがおすすめです。


4. 149と146の見た目の違い



  • 149:見た目の迫力はバツグン!
  • 146:見た目はスマート!


逆に、見た目の迫力からいえば、
やっぱり149のほうが上。

ですので、実用性はさておき、
クルマでいうと、


「小回りのよさや、燃費なんてどうでも
 いいから、俺は、ハマーやシボレーの
 アストロに乗りたい!」



なんて価値観をお持ちの方には、
149のほうがおすすめです。


5. 149と146の筆記シーンの違い



  • 149:スペースを気にしない紙への文字書きにオススメ!
  • 146:罫線のあるノートへの文字書きにも対応できる!


149はサイズがかなり大きいため、
手帳へのメモ書きや、罫線幅の細い
ノートへの筆記には向きません。

使うのは、スペースを気にしない
紙への文字書きや、ハガキの表書き
などがメインになるでしょう。


一方、146も決して小さなサイズでは
ありませんが、ノートや日記への
文字書きになら充分対応できる大きさ。

このあたりは、あなたがモンブランを
どんなシーンで使おうとしているかに
よってどちらが良いか決まってきますね^^


6. 149と146のファッション性の違い



  • 149:インテリアとしての存在感も◎!
  • 146:胸ポケットに入れると映えるのはこちら!


万年筆は書くだけでなく、一種の
ファッションアイテムとして
使えるのも、魅力的なポイント。


その観点から見ると、149はかなり
大きいため、ジャケットの胸ポケット
入れると不恰好に見えることも。

逆に146なら、胸ポケットに
挿した際、イイ感じの存在感&
高級感
を醸し出してくれます。


ただし、インテリアとして考えるなら、
149の存在感は他の万年筆をはるかに
凌駕するカッコよさがあります。

家の中に一本、149が置いてあるだけで、
そのスペースに一気に威厳と落ち着き
生まれますからね^^


7. 149と146の価格の違い



  • 149:参考価格はおよそ10万円!
  • 146:参考価格はおよそ7万円!


149の参考価格がおよそ10万円
あるのに対し、146のソレは
およそ7万円。

この3万円の差を大きいと見るか
小さいと見るかは、あなた次第ですね。


個人的には、149の醸し出す重厚感に
3万円払うのは、アリだと思います。

万年筆は、一生のパートナー
なりうる存在ですしね^^


ただし、新品のモンブラン万年筆を安く
買えるのであれば、それに越したことは
ない
というのも、また正直なところ。

下のお店では、149・146それぞれの
万年筆が、定価よりも安いお得な価格で
購入できるので…

ぜひ、定期的にチェックして
おくことをオススメしますよ^^↓




⇒専門店だから安心!しかも安い!
 マイスターシュテック149



まとめ&モンブランのペン先の種類や特徴もチェック!


今回は、149と146の違いを中心に、
モンブラン・マイスターシュテックの
それぞれの特徴についてご紹介してきました。


さいごに、誤解を恐れずに
149と146の違いについて、
一言でビシッ!と言い切るなら、


「見た目重視なら149!
 実用性重視なら146!」



こういったカタチになりますね^^


モンブラン万年筆のペン先の種類
その特徴についてくわしく知りたい方は、
こちらの記事が。

モンブランの万年筆!ペン先の
 種類(太さ)は?おすすめは?



実はモンブラン以外のブランド
気になっているという方には、
こちらの記事もイチオシです♪

万年筆のブランドランキング!
 男性へのプレゼントにはコレ!

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ