コーヒーで有名な国は?まずはこの10つを覚えよう!


「コーヒーで、有名な国って、
 どこがあるかな?」


なんて疑問を、抱いてませんか??


コーヒー 有名 国


おいしいコーヒーに癒されていると、
そのうち、どんどんと視野が広がってきて、


「この珈琲豆は、どこの国で、
 収穫されたものなんだろう?」



なんて、コーヒーカップの向こう側に
思いを馳せるようになりますよね^^


そこで今回は、コーヒーについて、
より深い興味を持っている、
あなたのために!

コーヒーの生産国として、有名な国と、
その国で収穫される、珈琲豆の
特徴について、まとめました。

スポンサードリンク


なお、同じ国で収穫された珈琲豆でも、
農園精製方法、そして焙煎度合いによって、
その味は大きく異なってきますので…

その点は、あらかじめ
頭に入れておいてくださいね^^

コーヒーの生産で有名な国は、この10つ!


ということで、今回ご紹介する、
コーヒーの生産で有名な国は、
以下の10つ


  1. エチオピア
  2. タンザニア
  3. ケニア
  4. インドネシア
  5. アメリカ合衆国
  6. ジャマイカ
  7. コスタリカ
  8. グアテマラ
  9. コロンビア
  10. ブラジル


1つずつ、順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク


1. エチオピア


エチオピアの国旗


まずはじめに、ご紹介するのは、
コーヒー発祥の地としても知られる、
アフリカ西部の国・エチオピア


エチオピアには、野生のコーヒーノキが
自生していることもあり…

エチオピア産のコーヒーに対する、
コーヒー通からの人気は、
なかなか高いものがありますね^^


2. タンザニア


タンザニアの国旗


続いてご紹介するのは、こちらも
アメリカ西部の国・タンザニア


タンザニアと聞いても、
ピンとこないかもしれませんが…

このタンザニアで生産される、
キリマンジャロと聞けば、


「あー!キリマンジャロね!」


と、反応する方も多いはずです^^


キリマンジャロのコーヒーは、
香りとコクのバランスが、すごく良い所で
とれていて、とても美味しいですよね♪

スポンサードリンク


3. ケニア


ケニアの国旗


そしてもう一つ、アフリカで、
ご紹介しておきたい、コーヒーの
有名な産地が、このケニア

日本では、比較的最近になってから、
有名になった、コーヒーの産地です。


というのも、ケニアのコーヒーは、
強いコクと、フルーティーな香りが特徴的で、
とっても品質が高いんですが…

昔から、ヨーロッパでたくさん飲まれていた
こともあって、日本に輸入されてくる量が、
少なかったんですよね^^;


先ほど言ったように、ケニアのコーヒー、
味は確かで、豆も大ぶりなモノが多く、
見た目もよいので…

まだ未体験!という方は、ぜひ一度、
どこかで、試飲からでもよいので、
チャレンジしてもらいたいですね^^


4. インドネシア


インドネシアの国旗


ここで1つ、アジアの有名なコーヒー産地も、
ご紹介しておきましょう。

このインドネシアは、「マンデリン」という
種類のコーヒーで、有名ですね。


主に深煎りで、焙煎されることが多い、
この珈琲豆は、深いコクとボディ感
あって、飲み応えバツグンです^^

アイスコーヒーにしても、
その強くコクは、失われないので、
アイスで飲むのもオススメですね♪


個人的には、生クリーム系のお菓子と
一緒に食べると、特に相性バッチリって
感じがしますね!

スポンサードリンク


5. アメリカ合衆国


アメリカ合衆国の国旗


それから、アメリカ合衆国も実は、
有名なコーヒー生産国の一つです。


とはいっても、アメリカ全土でコーヒーが
生産されているわけではなく…

ハワイで生産されているコーヒーが、
とても高品質で、人気が高いんですけどね^^


中でも、「コナ・エクストラ・ファンシー」
と呼ばれるコーヒー豆は、見た目も繊細で、
香りもビューティフル!

このあとご紹介する、ジャマイカの
ブルーマウンテンと並ぶ、高級豆として、
有名なんですよ♪


6. ジャマイカ


ジャマイカの国旗


ということで、続いてご紹介するのが、
ブルーマウンテンで有名な、ジャマイカ

ブルーマウンテンは、他の珈琲豆にはない、
独特な香りがあって、定期的に飲みたくなる
魅力があるんですよね^^


ちなみに、このブルーマウンテン、
世界の中でも、日本での人気が圧倒的に高く、
なんと8割以上が、日本に輸入されているんですよ^^


7. コスタリカ


コスタリカの国旗


コスタリカのコーヒーも、
さわやかなな香りと、適度な酸味があって、
すごく美味しいですよね!


で、「酸味」と聞くと、


「えっ?すっぱいの?」


なんて、敬遠してしまう方も多そうですが、
上質なコーヒーの酸味というのは、
すっぱいというよりも…

「フルーティー」な感覚を、
舌の上で楽しめる、といった感じなので!


今まで「酸味」と聞いただけで、
飲まず嫌いだった方は、ぜひ一度、
コスタリカのコーヒーを、飲んでみてください^^

その香りと味に、
病みつきになるかもしれませんよ♪


8. グアテマラ


グアテマラの国旗


グアテマラのコーヒーも、
コスタリカ同様、フルーティーな
風味が特徴で、飲みやすいですよね。

同じ、中米に位置していることもあって、
やっぱり味は似てきます。


コーヒーの味も、ワインのそれ同様、
育てている土壌の影響を、
大きく受けますからね^^


今回は、ご紹介しきれませんでしたが、
中米だと他にも


  • エルサルバドル
  • ホンジュラス

このあたりのコーヒーも、
似たような風味があって、
とっても美味しいですよ♪


9. コロンビア


コロンビアの国旗


9つ目の国は、コロンビア


コロンビアという国自体、
コーヒーで、産業が成り立っている
といっても、過言ではないくらい…

コロンビア国内ではたくさんの人が、
コーヒー関係の仕事に、就いています。


コクと酸味のバランスに優れ、
間違いのない味、っていうのが、
コロンビアコーヒーの特徴ですね^^


10. ブラジル


ブラジルの国旗


そして、最後にご紹介するのが、
誰もが知る、コーヒー大国・ブラジル

世界的に見ても、圧倒的な生産量で、
他の国の追随を、許しませんからね^^


喫茶店で、何気なく飲んでいるコーヒーの
ほとんどは、このブラジル産といっても
過言ではないかもしれませんね。


味もバランスが取れていて、
いい意味で、平均的なのが特徴なので…

これから色々と、コーヒーの飲み比べを
してみようと考えている方は、このブラジルの
コーヒーを、基準にするのがおすすめです^^


こちらのコーヒー専門店の、
飲み比べセットにも、ばっちり
ブラジルの珈琲豆が、含まれていますね♪↓




まとめ&余裕があるならこの国も覚えちゃおう!


今回は、コーヒーの生産国として
有名な国と、その国で収穫される、
珈琲豆の特徴について、まとめてきました。


まだまだ、余力のある方は、
今回ご紹介した、10つの国のほかに、


  • コートジボワール
  • ウガンダ
  • イエメン
  • ルワンダ
  • インド
  • ベトナム
  • メキシコ
  • エルサルバドル
  • ホンジュラス
  • ボリビア

これくらいの国を、覚えておけば、
もうバッチリです!

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ