コーヒーの味を表現する英語は?代表的なのはこの11つ!


「コーヒーの、味の表現を、
 英語で言うと、どうなるのかな?」


なんて疑問を、抱いてませんか??


コーヒー 味 表現 英語


飲めば飲むほど、その香りや味の奥深さに
気づかされていく、魅力的な飲み物、
コーヒー

で、コーヒーに詳しい人と話をしていると、
会話のところどころに、味を表現していると
思われる、英語が出てきて…


「この言葉は、一体どんな味や感覚を
 表しているんだろう?」



なんて疑問が、浮かんでくることも、
しょっちゅうですよね。


そこで今回は、コーヒーマイスター
資格試験に合格した経験を持ち、カッピングの
講習を受けたこともある、私が!

コーヒーの味を表す、英語表現について、
できるだけわかりやすく、解説していきますよ^^

スポンサードリンク


コーヒーのこの味や感覚、英語でどう表現するの?


ということで、今回ご紹介する、
コーヒーの味や香りを表現するための、
代表的な英語は、以下の11コ


  1. Acidity(酸の程度)
  2. Aftertaste(後味)
  3. Aroma(アロマ)
  4. Balance(バランス)
  5. Body(コク)
  6. Clean(綺麗さ)
  7. Creamy(クリーミーさ)
  8. Delicate(繊細さ)
  9. Smooth(なめらかさ)
  10. Spicy(スパイシーさ)
  11. Toast(香ばしさ)


1つずつ、順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク


1. Acidity(酸の程度)


沢山のフルーツ


まずはじめに、ご紹介するのは、
Acidity(酸の程度)。


「酸」と聞くと、どうしても、
あの酸っぱい感じを想像してしまう人も
多そうですが…

上質な酸味は、「酸」というよりむしろ、
「フルーティー」と表現した方が、
しっくりくるかもしれませんね^^


2. Aftertaste(後味)


コーヒーを飲む女性


続いては、Aftertaste(後味)。


コーヒーを飲んだあと、舌や鼻に、
心地よい感じが残れば…

それは、アフターテイスト
よいコーヒーだと、言ってよいですね^^


ちなみに淹れたあと、時間が経って
しまったコーヒーは、酸化してしまい
この後味が、極端に悪くなってしまいます^^;

スポンサードリンク


3. Aroma(アロマ)


コーヒーを飲む女性


3番目は、Aroma(アロマ)。

こちらはもう、日本語としてそのまま
使っても、通じるくらい、
一般的になった、表現ですね^^


上質なアロマの香りがするコーヒーは、
飲む前から、私たちの心を、
ハッピーにしてくれますよね!


4. Balance(バランス)


天秤のイラスト


続いては、Balance(バランス)。

こちらも、そのまんま
日本語としても使える表現です。


おもに、酸味と苦味のバランス加減を、
表現するときに、使われることが多いですね。

個人的には、特に、


  • ホンジュラス
  • グアテマラ
  • エルサルバドル


このあたりの、中米産の上質なコーヒーは、
バランス感覚が優れているなぁって、
感じがしてオススメですね^^

スポンサードリンク


5. Body(コク)


アイスコーヒー


5番目は、Body(コク)。

最近では、「ボディ感がいいね!」
なんて、英語をそのまま使うことも
増えてきましたよね^^


インドネシアのマンデリンは、ボディが
グッ!と感じられ、飲み応えバツグンで、
個人的に大好きな銘柄の一つです。

ボディ感の強いコーヒーは、
アイスコーヒーにしても、
とってもおいしいですよ^^


6. Clean(綺麗さ)


コーヒーを飲む女性


そして6番目は、Clean(綺麗さ)。


2番目のアフターテイストとも、
ちょっとかぶる印象がありますが…

こちらは、飲んでいる途中に、舌への
雑味や、鼻への違和感を感じたりしないことを、
表現するために使うことが多いです。


昔よく飲んでいた、キューバ産
上質な、浅めの焙煎に仕上げた珈琲豆
(クリスタルクイーン)は…

このクリーンさが、バツグンによくて、
お気に入りの一杯でしたね^^


7. Creamy(クリーミーさ)


生クリームとフルーツ


7番目は、Cleamy(クリーミーさ)。


これは別に、ミルクを入れたわけでなく、
コーヒーを、そのまま口に含んだときに
感じる、感覚のこと。

わかりやすくいうと、舌に優しく
まとわりつく感覚を、クリーミーさ、
という表現を使って、表している感じですね^^


8. Delicate(繊細さ)


羽と青空


続いて8番目は、Delicate(繊細さ)。

これは、口に含んだときに感じる、
「微妙な甘さ」を表現するときに、
使われる英語ですね。


タンザニアのキリマンジャロを、
少し深めの焙煎度合いに仕上げると…

ボディ感と、この繊細さという、
一見、相反するような両方の感覚
一杯の珈琲の中で味わえて、イイ感じです^^


9. Smooth(なめらかさ)


金色の布

9番目は、Smooth(なめらかさ)。

クリーミーさとは、ちょっと違って、
コーヒーを口に含んだときに、
液体が、舌の上を優しく


「すーっ」


と通り過ぎていくような、感覚ですね。


コーヒーに含まれる油分が少ない
浅めの焙煎のモノを、飲んだときに、
気づきやすいです^^


10. Spicy(スパイシーさ)


沢山のスパイス


10番目は、Spicy(スパイシーさ)。

フルーティーさを感じる、コーヒーの
中でも、さらに刺激的な風味があるものに、
この表現方法が、よく使われますね。


最近、日本でも人気が高まってきた、
ケニアのコーヒーからは、このスパイシーさが
存分に感じられて、Nice!です^^


11. Toast(香ばしさ)


焼いたトースト


そして最後、11番目はToast(香ばしさ)。

その名のとおり、パンをトーストしたような
香ばしさを感じるときに、このToastという
表現を使います。


個人的には、先ほどもあげた、
タンザニアのキリマンジャロや…

(モノにもよりますが)ルワンダ
コーヒーあたりからは、かなり香ばしさが
感じられて、好きですね^^


ということで、これらの味の表現を
頭に入れたら、あとは実際に、
上質なコーヒーを飲んでみるのが一番!↓





新しい味の表現を覚えただけで、
自分の味覚が、広がっているのに、
うれしい驚きを、覚えるはずですよ^^


まとめ&コレで珈琲を飲むときの楽しみが広がる!


今回は、コーヒーの味を表現するために
使われる、代表的な英語
を11つ、
ご紹介してきました。


先ほども、チラッと触れましたが、
こうやって、味を表現する語彙を、
いくつか増やしておくと!

実際に、コーヒーを飲んだときに、


「あっ、この感覚はCleamyかな?」


といった感じで、今まで見過ごしていた
感覚に、知らないうちに気づけるように
なるので!

毎日、コーヒーを飲むのが、
どんどんと楽しくなっていきますよ^^

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ