コーヒー豆の焙煎の種類や特徴は?まずはこれから覚えよう!


「コーヒーの、焙煎の種類って、
 どんなのがあるんだろう?」


なんて疑問を、抱いてませんか??


コーヒー 焙煎 種類


コーヒーの世界って、奥が深いですよね!

で、その中でも、私が面白いなぁと
感じているのが、焙煎度合いによって、
味が全然変わってくるところ。


で、はじめは浅煎り・中煎り・深煎りと、
この3つくらいしか、焙煎の種類なんて
ないと思っていたんですが…

いろいろと勉強したり、コーヒーを飲んだり
しているうちに、それ以上にたくさん
種類があることが、分かったんですよね!


そこで今回は、コーヒーマイスターの資格試験に
合格した経験を持つ私が、コーヒー豆の焙煎の種類と、
その特徴
について、まとめました。

スポンサードリンク


コーヒーの焙煎の種類!それぞれの特徴はコレ!


ということで、今回ご紹介する、
珈琲豆の焙煎の種類は、以下の8つ


  1. ライトロースト
  2. シナモンロースト
  3. ミディアムロースト
  4. ハイロースト
  5. シティロースト
  6. フルシティロースト
  7. フレンチロースト
  8. イタリアンロースト

1つずつ、順番に見ていきましょう。


1. ライトロースト


人差し指を立てる女性


まず、はじめにご紹介するのが、
ライトロースト

お察しの通り、このライトローストが、
一般的に、コーヒー豆の中でも、
一番浅い、焙煎の種類になりますね^^


ライトローストだと、
まだまだ、あのコーヒーならではの、
深いコクや、芳ばしい香りが出てこないので…

正直なところ、この焙煎度合いで淹れた
コーヒーを、日本で出しているお店は、
一度も見たことがないですね^^;

スポンサードリンク


2. シナモンロースト


シナモンスティック


続いてご紹介するは、シナモンロースト

焙煎度合いを、


  • 浅煎り
  • 中煎り
  • 深煎り

3段階に分けたときには…

先ほどの、ライトローストと、
このシナモンローストが、
浅煎りに分類されます^^


シナモンローストも、まだまだ
焙煎度合いとしては、かなり浅いので…

この豆でコーヒーを淹れても、
酸味が相当強く、おいしく感じられない
場合が、ほとんどでしょうね^^;


3. ミディアムロースト


ジャマイカの国旗


そして、3番目にご紹介する、
焙煎の種類が、ミディアムロースト

ここからようやく、コーヒーショップや
喫茶店でも、よく見かけるような、
焙煎度合い・豆の色になってきます^^


私たちにも、なじみの深い、
アメリカンは、このミディアムローストの
豆を使っている場合が、ほとんどですね^^

スポンサードリンク



ちなみに、個人的なイチオシとしては、


  • モカ
  • キューバ・クリスタルクイーン
  • ジャマイカ・ブルーマウンテン


このあたりのコーヒー豆を、
ミディアムローストで淹れると…

それぞれの豆が持っている、独特な香りを、
存分に堪能することができ、goodです^^


4. ハイロースト


キリマンジャロ


4番目は、ハイロースト

このハイローストと、先ほどの
ミディアムの、2種類の焙煎度合いが、
一般的には、中煎りに分類されます^^


で、ハイローストが、
長いあいだ、日本でもっともポピュラー
焙煎の種類として、認知されてきましたね。

実際に、昔ながらの喫茶店や、
ファミリーレストランなんかに行くと…

出てくるコーヒーは、たいてい、
この豆を使ったものだったりします^^


基本的には、どんな豆でも
いい感じに飲める、焙煎度合いなんですが、
私個人の好みを言わせてもらえば、


  • キリマンジャロ
  • コスタリカ
  • グァテマラ


このあたりのコーヒー豆が、
特に、ハイローストで淹れて飲むなら、
おすすめかなって感じがしますね^^


ちなみに、このハイローストは、
別名「中深煎り」とも呼ばれているので、
覚えておいて損はないですよ!

それから、おそらく、
こういったお店のコーヒー豆も…↓





今ご紹介した、ハイロースト
もしくは次にご紹介する、シティロースト
焙煎されたものが、多くを占めるでしょうね^^

やっぱり、コーヒー専門店の珈琲豆は、
焙煎度合いにも、かなりのこだわりが
感じられて、満足度が高いです♪


5. シティロースト


コーヒーを入れる紙コップ


5番目にご紹介するのは、シティロースト


ここから、いよいよ焙煎度合いも、
深煎りに突入ですね!

北欧日本、それからニューヨーク
特に好まれている、焙煎の種類だったりします^^


先ほど、ハイローストのところであえて、


  • 昔ながらの喫茶店
  • ファミリーレストラン

といった表現を使ったのは、
スターバックスなどの、シアトル系
コーヒーが、日本に入ってきてからは…

流行に敏感なカフェなんかは、もう一段階
焙煎度合いが深い、このシティローストあたりの
豆を使って、コーヒーを淹れるようになったから。

スポンサードリンク



それぞれのコーヒー豆が持つ、酸味や
苦味などの特徴が、一番現れやすいのが、
シティローストだといえるので!

本格的に、コーヒーを楽しもうと思ったものの、
はじめに、どんな豆を買えばいいのか分からない
という方は…

まずは、シティローストの豆を買って、
飲んでみるのも、いいかもしれないですね^^


6. フルシティロースト


2杯のコーヒー


続いて6番目は、フルシティロースト


酸味・苦味のバランスが絶妙なところで
取れていた、ハイローストやシティローストと
比べると…

フルシティローストで焙煎した豆は、
酸味がかなり抑えられ、その分苦味が、
ちょっと際立ってきます。


とはいえ、最近では、
先ほどもチラッと触れたとおり、


  • スターバックス
  • タリーズ

をはじめとする、シアトル系の
コーヒーショップが増えてきたこともあり!

これらのお店で、何度かコーヒーを飲んだ
経験がある方なら、フルシティローストくらいの
苦味なら、大して気にならないでしょうね^^


7. フレンチロースト


クロワッサン


そして7番目は、フレンチロースト


ここまでくると、焙煎する時間も
かなり長くなり、コーヒー豆の表面に
油分が浮いてきたりするので!

見た目的にも、テカテカしているのが
よく分かったりして、面白くなってきますね^^


で、フレンチローストともなると、
ただ単にブラックコーヒーとして飲むと、
相当苦味が強く感じられます^^;

なので、一般的にはミルクを加えて、
カフォオレにしたり、苦味を感じづらい、
アイスコーヒーにして飲むのが、おすすめですね。


個人的には、フレンチローストという
名前のとおり、ちょっと遅く起きた、
休日の午前中に…

このフレンチローストで淹れた
カフェオレと、クロワッサンを、
一緒に食べるのが!

なんだか、パリっぽい感じがして、
好きだったりしますね^^


もちろん、エスプレッソで淹れても、
おいしく飲むことができますよ^^


8. イタリアンロースト


エスプレッソ


そして最後に、ご紹介するのが、
イタリアンロースト

酸味は、全くといっていいほど消え、
豆の苦味と旨みが、前面に出てきます。


とはいえ、そのまま飲むのは、
フレンチロースト同様、
かなり苦くて、おすすめできないので…

エスプレッソで淹れて、
たっぷりの砂糖を加えて飲むなどの、
一手間が必要になってきますね^^


ちなみに、コーヒー専門店で、
このイタリアンローストを豆のまま買うと…

袋を開けたときに、豆同士が
くっついていることが、よくあるのですが!


これは、先ほどのフレンチローストの所でも
触れたとおり、長い時間焙煎する事によって
出てくる、油が原因なので…

「不良品だ!」と怒らずに、むしろ、
焙煎したての豆を、袋に詰めてくれたんだな、
感謝した方がよいですね^^


まとめ&迷ったらまずはこの焙煎度合いから!


今回は、全部で8種類もある、
コーヒーの焙煎の種類について、
その特徴も交えながら、ご紹介してきました。


「どの、焙煎度合いのコーヒーから
 飲めばいいのか、まったく見当がつかない!」



という方は、記事の中ほどでもご紹介した、
ハイorシティローストあたりのコーヒーを
試してみることを、おすすめしますが…


別に、そこから始めなければならない、
なんてことは、もちろんないので!

今回の記事を見て、気になった焙煎の種類が
あれば、ぜひそのコーヒー豆を自宅に取り寄せて、
あなた自身の舌で、味を確かめてみてくださいね^^

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ