ラウンドアバウトとは?実際に走行する際の注意点は?


「ラウンドアバウトって、
 どんなものなのかな?」


なんて疑問を、抱いてませんか??


車の窓から顔を出す女性


2014年の9月に、道路交通法が改正され、
全国各地で運用が開始された、
ラウンドアバウト(環状交差点)。

いったい、どんな交差点で、
実際に走るときには、どんなことに
注意すればいいのでしょうか?

スポンサードリンク


ラウンドアバウトとは?ロータリーとは違うの?


ハンドルを握る手


ラウンドアバウトとは、ドーナツのような
カタチをした、信号のない交差点のこと。


ラウンドアバウトの中では、時計回りの
一方通行と、徐行が義務付けられていて、


  • ラウンドアバウト内を走っている車
  • ラウンドアバウトに
    侵入しようとしている車


この2つでは、ラウンドアバウト内
車の方に、優先権があります。


ロータリーとの違いも、実はここにあって、
ロータリーの場合は、ロータリー突入部分に、
一時停止の標識などがない限り…

「左方優先」の原則が適用されるので、
ロータリー内を走る車よりも、ロータリーに
突入する車に優先権があることが多いんです。

スポンサードリンク


ラウンドアバウトを走行する際の注意点は?


1. ラウンドアバウトに進入する際の注意点


マイカー


ラウンドアバウト内に進入する際は、
先ほど説明したとおり、ラウンドアバウト内に
いる車の方に優先権があるため…

速度を落として、安全を確認してから、
進入するようにしましょう。


ちなみに、安全がきちんと確認できれば、
ラウンドアバウトの前で、一時停止を
する必要はありません

ただし、ラウンドアバウトの直前に、
横断歩道が設置されているパターンも
多いので…

そこを通過する際は、まわりの安全を確認し、
くれぐれも、セーフティドライブ
心がけたいですね。

スポンサードリンク


2. ラウンドアバウトを走行する際の注意点


車のヘッドライト

ラウンドアバウトに進入したら、そのまま
時計回りに徐行して進み、自分が出たいところで、
ウインカーを出し、脱出します。

ここでも、横断歩道がある場合が多いので、
歩行者にはくれぐれも、気をつけましょう。


慣れないと、目的の脱出場所を、
通り過ぎてしまうこともあるかと
思いますが、急ブレーキは事故のもと

そんなときは、もう一周して、
あわてずに、ラウンドアバウト内を
走行しましょう。

スポンサードリンク


まとめ&あとは思いやりの心を持った運転を!


今回は、ラウンドアバウト(環状交差点)に
ついての簡単な説明と、ラウンドアバウト内を
走る際の注意点について、まとめてきました。


基本的なルールさえ、頭に入れておけば、
あとは、


  • 安全運転の意識
  • 思いやりの気持ち

この2つさえ持って運転すれば、
何も難しいことはありませんよ^^

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ