ティーバッグの紅茶の入れ方は?おすすめは?


「ティーバッグの紅茶の、
 おすすめの入れ方って、どんなの?」


なんて疑問を、抱いてませんか??


ティーバッグ 紅茶 入れ方


オシャレな缶に入った、茶葉を使って、
紅茶を入れるのもいいけれど…

もっと気軽に、紅茶を楽しもうと
思ったとき、あるととっても便利なのが、
ティーバッグタイプの紅茶ですよね^^


そこで今回は、いつもの紅茶をもっと
美味しく味わうための、ティーバッグタイプの
紅茶の、おすすめの入れ方
についてまとめました。

スポンサードリンク


ティーバッグの紅茶の入れ方は?蒸らしがポイント!


ということで、今回ご紹介する、
ティーバッグを使った紅茶の入れ方は、
以下の4ステップ


  1. ティーカップを温める
  2. ティーバッグを入れ、お湯を注ぐ
  3. フタをして、蒸らす
  4. ティーバッグを引き上げる


1ステップずつ、順番に見ていきましょう。

スポンサードリンク


STEP1. ティーカップを温める


まずは、ティーカップにお湯を注いだときに、
お湯が、急激に冷めてしまうのを防ぐため、
カップを、あらかじめ温めておきます

温める方法としては、カップの中に
沸かしたお湯をいれ、しばらくそのままに
しておけばよいでしょう。


これをせずに、紅茶を淹れてしまうと、
お湯の温度が低くなり、紅茶の成分
うまく引き出されなくなってしまいます^^;

温かい紅茶を飲むためだけでなく、
紅茶本来の味を、存分に引き出すためにも、
このステップは、欠かせないということですね^^

スポンサードリンク


STEP2. ティーバッグを入れ、お湯を注ぐ


カップが、充分に温まったら、
その中に、ティーバッグをセットし、
沸騰したお湯を注ぎます。

お湯の量は、(1杯あたり)およそ170cc
目安ですね。


手元にティーカップがなく、マグカップで
入れる場合、ついついマグカップが大きい分、
お湯を必要以上に、多めに入れてしまいがち。

でも、こうすると、入れた紅茶が薄くなったり
それをカバーするために、ティーバッグを
長くお湯につけすぎてしまい…

変な渋みが、出てしまったりする
原因にもなるので、このあたりは注意が必要です。

スポンサードリンク


STEP3. フタをして、蒸らす


ティーバッグを入れたカップに、お湯を
注ぎ終わったら、ソーサーなどを使って、
フタ(蓋)をし、蒸らします

蒸らす時間は、ティーバッグのパッケージ
書いてあるモノを、参考にしてくださいね^^


ティーバッグで、紅茶を淹れる場合、
この蒸らす作業(工程)を、
省略している人を、多く見かけるのですが…

茶葉をきちんと蒸らさないと、お湯の
温度がすぐに下がってしまい、紅茶の成分が
うまく抽出されない原因になってしまいます。


さらに、フタをしないと、あの紅茶の
優雅な香りが揮発してしまい、飲むときに
香りが半減、なんてことにもなりかねないので…

ティーバッグを使って、紅茶を入れる時でも、
この蒸らす作業は、面倒くさがらずに
きちんと行なうようにしましょう。

紅茶を飲む女性

STEP4. ティーバッグを引き上げる


紅茶を、充分に蒸らし終わったら、
ティーバッグを引き上げます

ここで、紅茶の持つ成分を
フルに抽出しようと、無理に粘ると…

紅茶が渋くなったり、抽出液が濁ったり
してしまうので、要注意。


もちろん、ティーバッグを振ったり
ティースプーンを使って、押したりするのも、
厳禁です。

このあたりは、紅茶の本場・イギリスの
紳士・貴婦人の、ゆったりとした
立ち居振る舞いを、イメージしながら…

心に余裕を持って、紅茶を入れることを
心がけたいですね^^


で、ティーバッグを使った紅茶の入れ方を
覚えたら、あとは実践あるのみ!


↑こういった、バラエティ豊かなティーバックの
詰め合わせセットを、手元に置いておけば、
毎日選ぶ楽しみもあって、気分も上がります♪


まとめ&本場イギリスでもなんと90%がティーバッグ!


今回は、ティーバッグの紅茶の入れ方について、
1ステップずつ、大切なポイントなどに
触れながら、まとめてきました。


最後にもう一度、ティーバッグの紅茶を
入れるときの、4つのステップをまとめておくと、
こういった感じになりますね。


  1. ティーカップを温める
  2. ティーバッグを入れ、お湯を注ぐ
  3. フタをして、蒸らす
  4. ティーバッグを引き上げる


「ティーバッグ」と聞くと、無意識のうちに
「邪道だ!」というイメージを、抱いてしまう方も、
いらっしゃるかもしれませんが…

今では、紅茶の本場イギリスでも、
日常飲む紅茶のうち、90%以上
ティーバッグタイプだともいわれています。


今回ご紹介した方法で、ポイントはしっかりと
抑えつつ、ササッとティーバッグで紅茶を入れ、
お手軽に、優雅な気分を味わいたいものですね^^

スポンサードリンク
Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

関連記事(ベータ版)

このページの先頭へ